場所なし

場所なし

活用風景(3分動画×3)

都市構造可視化研修(2018) 都市構造可視化研修(2019) i-都市交流会議(2020)
場所なし

第6回 都市計画ビジュアルコミュニケーター検定

第6回 都市計画ビジュアルコミュニケーター検定が、11月に開催されます。 詳しくは、こちらからご確認ください。
場所なし

このサイトについて

当サイトの目的 都市の現状を把握しやすくするために、福岡県、国立研究開発法人建築研究所、日本都市計画学会都市構造評価特別委員会は共同で、都市の様々な統計データを可視化することができる「都市構造可視化計画ウェブサイト」を公開しました。...
場所なし

Translate webpages in Google Chrome

This website will be translated into English using a translation service of Google Chrome browser. If you are using a d...
場所なし

データの掲載依頼

本サイト上にご自身のデータを掲載する場合は、以下の手順により申込みください。 掲載依頼の流れ ご自身のデータをご用意ください。本ページ下部のフォームよりお申込みください。データ形式やページ作成に必要なコンテンツ等について、事務...
場所なし

他のデータサービスの紹介

理想的な都市構造の検討に当たっては、現状や将来予測などの様々なデータに基づく多様な分析が必要です。都市構造可視化計画ウェブサイトはオープンなネットワークの構築を目指しています。ここでは都市構造の分析に活用できるその他のデータサービ...
場所なし

参考文献

都市に関する分析や可視化においては、これまでに様々な取り組みが行われてきました。それらの知見を振り返ることで、新たな発想を生み出すことが可能となります。ここでは、都市構造の可視化や分析に参考になる既存文献を紹介します。 文献名:都市...
場所なし

FAQ

都市構造可視化計画ウェブサイトの画像を資料として使いたいです。 ウェブサイト上で提供しているKMLファイルは自由に使うことができます。ただし、資料には「都市構造可視化計画ウェブサイト」を参照していることを明示してください。また、Go...
場所なし

このサイトの使い方

※v2用チュートリアルはこちらから。 ※v3用チュートリアルはこちらから。 このサイトの活用イメージ v4用の使い方解説は準備中です。 順次、作成してまいりますので、今しばらくお待ちください。 FAQ...
場所なし

アンケートにご協力ください

本サイトでは、様々な統計データ(人口や事業所や販売額など)をGoogle Earthで見ることができます。それにより、地域に即した都市構造を分析することが可能となります。 現在、各種コンテンツの充実を目指してサイトの改良に努めており...
場所なし

掲載データの出典について

本サイトでは、国勢調査や事業所・企業統計など様々な統計調査のメッシュデータを活用して、都市構造の可視化を行っています。 掲載データの出典について 国勢調査 国勢調査は、日本に住んでいるすべての人及び世帯を対象とする国...
場所なし

懸賞論文(可視化を活用した表彰制度)

表彰の主旨 人口減少や高齢化、公共交通の利用減少、中心市街地の衰退、都市財政の圧迫。このように、都市を取り巻く環境は大きく変化しています。このめまぐるしい状況のなかで、都市の活力を維持しながら持続可能な都市づ...
場所なし

新・可視化サイトの紹介

新・可視化サイト()ではGoogleEarthの他にブラウザでも都市構造可視化計画が見られるようになりました。ブラウザを利用することができるスマートフォン、タブレットでも見ることができます。 地図機能では凡例や属性、経年変化...
場所なし

メンバー紹介

日本都市計画学会都市構造評価特別委員会 Yoshitake Tetsunobu 吉武 哲信 日本都市計画学会都市構造評価特別委員会 委員長 九州工業大学工学研究院 ...
場所なし

The main features of the urban structure visualization

The main features of the urban structure visualization It is a 3D mapping tool, not 2D.Your Google Map quickly turns...
場所なし

日本測地系と世界測地系の可視化の見え方について

現在、日本の測地系は世界測地系に基づいていますが、2001年以前は日本測地系に基づいていました。世界測地系と日本測地系では、座標値が400~450m程度ずれるといわれています。 地域メッシュ統計では、国勢調査は 1990年以前、日本...
場所なし

Data Encoding Specification of i-Urban renovation and planning – Urban Planning ADE –

Introduction Urban planning has been contributing to the formation of healthy urban environments, preventing disorganize...
場所なし

立地の適正化に向けて

立地の適正化に向けて 「持続可能な都市構造とは?」 人口減少時代においても持続可能な都市構造を構築していくためには、様々な取り組みを進めていくことが必要です。 「土地利用や都市機能の誘導」「公共施設の適正な配置」「公共交通維持」のために、...
場所なし

国土地理院の地図を使った可視化ができます

都市構造の可視化で採用しているファイル形式は「KML」という国際規格です。 この規格に基づくファイルを開くことのできるソフトは、数多くあります。 多くのGISソフトでも開くことが可能です。 国土地理院の地図も、同じKML形式で配布され...
場所なし

地図上で、メッシュコードを確認する

地図上で、メッシュコードを確認することができるサイトをご紹介します。
場所なし

地図の比較(地理院、GoogleMap)

国土地理院の地図と、GoogleMapは、どちらもウェブサイト上に表示できます。 その見やすさと使い勝手を比較してみましょう。 国土地理院の地図 Google Map アクセス数が契約数を越えると、正しく読み込まれません。(エラーではあり...
場所なし

建築研究所講演会において、可視化が紹介されました。

都市構造可視化は、様々な場面で活用されています。 平成27年度の、建築研究所講演会において、住宅・都市研究グループ主任研究員 石井儀光氏が、「都市行政における合意形成支援ツールの開発-都市構造の可視化-」と題して講演されました。 その時...
タイトルとURLをコピーしました