「泉北地域の広域的な立地適正化の方針」で都市構造可視化が使われています

「泉北地域の広域的な立地適正化の方針」で、都市構造可視化が使われています。

 泉北地域鉄道沿線まちづくり協議会は、人口減少・高齢化を背景に地域の活力が低下しつつある中、広域的な都市機能の分担・連携を図り、公共交通機能を強化することによって、集約型の都市構造の形成を推進し、公共の福祉に寄与することを目的として、泉北地域の4市1町(堺市・泉大津市・和泉市・高石市・忠岡町)と泉北地域内の沿線交通事業者(南海電気鉄道株式会社・西日本旅客鉄道株式会社・泉北高速鉄道株式会社・南海バス株式会社)で構成しています。
このたび、広域的な都市機能の立地適正化を進めるため、泉北地域の広域的な立地適正化の方針を以下のとおり作成しました。
泉北地域鉄道沿線まちづくり協議会

質問と回答コーナー FAQに見当たらない質問はこちらから!

タイトルとURLをコピーしました