国土地理院の地図を使った可視化ができます

都市構造の可視化で採用しているファイル形式は「KML」という国際規格です。
この規格に基づくファイルを開くことのできるソフトは、数多くあります。
多くのGISソフトでも開くことが可能です。

国土地理院の地図も、同じKML形式で配布されており(地理院地図KML)、これを重ねて表示することも可能です。

地理院地図KML(標準地図)との重ね合わせ

地理院地図KML(航空写真)との重ね合わせ

背景地図によって、資料の見栄えや見やすさが変わります。

地理院地図KMLでは、さまざまなデザインの地図が配布されていますので、試してみてください。

質問と回答コーナー FAQに見当たらない質問はこちらから!

タイトルとURLをコピーしました