他のデータサービスの紹介

理想的な都市構造の検討に当たっては、現状や将来予測などの様々なデータに基づく多様な分析が必要です。
都市構造可視化計画ウェブサイトはオープンなネットワークの構築を目指しています。ここでは都市構造の分析に活用できるその他のデータサービスを紹介しています。
※他のデータサービスをご存知でしたら、ぜひお知らせください。

  RESAS【相互リンク】

RESASは経済産業省による「ビッグデータを活用した地域経済の見える化システム」をベースとしています。このサイトは地方自治体により「地方版総合戦略」の立案に役立つシステムへ再構築され、経済分野だけでなく様々なデータが掲載されています。運営は「まち・ひと・しごと創生本部」です。
このサイトは日本全国における「産業別事業所数」「農産物」「漁獲物販売金額」「居住人口」など様々なデータを掲載しています。また、そのデータを「産業マップ」「地域経済循環マップ」「農林水産業マップ」「観光マップ」「人口マップ」「消費マップ」「自治体比較マップ」として表示することが可能です。また、そのマップは「都道府県別」「市町村別」「花火図」「グラフ」など様々な形式で表示されます。
また、グラフの元データをCSV形式でダウンロードすることが可能です。

※詳しくは こちら【相互リンク】

サイト名主な掲載データ可視化機能ダウンロード機能
「Resas」
(まち・ひと・しごと創生本部)
*事業所数、従業者数、売上高、付加価値額.
*県内総生産.
*農産物、漁獲物販売金額.
*滞在人口、流動人口.
*居住人口.
*種別:産業マップ、地域経済循環マップ、農林水産業マップ、観光マップ、人口マップ、消費マップ、自治体比較マップ.
*表示:都道府県別図、市町村別図、花火図、グラフ.
*グラフの元データはCSV形式でダウンロード可。

EvaCva sustainable【相互リンク】

EvaCvaはデータにより地域の特性を見える化するためのツールで、株式会社富士通研究所がサイトを運営しています。
s 公開されている統計データを利用することで、日本全国における地域の特徴を市区町村単位でグラフ化することが可能です。「自然」「安全安心」「健康・医療」「社会基盤」「活性度」などのカテゴリから、「偏差値レーダーチャート」と「ランキング」を表示することが可能です。 各グラフは全国の自治体または「同規模自治体(類型内)」との比較が可能です。(※「同規模自治体(類型内)」は人口が同じ規模であることを意味します)。
また、開発者向けに日本全国における地域の特性データがLinked Open Dataとして公開されています。

※詳しくは こちら【相互リンク】

サイト名主な掲載データ可視化機能ダウンロード機能
「EvaCva」
(九州大学)
*自然(林野面積、耕地面積).
*安全安心(事故発生件数、刑法犯認知件数).
*健康・医療(診察費、平均寿命).
*社会基盤(教員数、生徒数、施設数).
*活性度(出生数、死亡数、転入者数、転出者数).
*レーダーチャート(市町村別、他都市との比較可).
*ランキング表示(母集団変更可能).
*ヒートマップ(市町村別、色調整可、散布図併記).
*開発者向けの日本全国における地域特性データがLinked Open Dataとして公開されている。
*簡素なHTMLやRDFなどがWebAPIとして無料で提供されている。
タイトルとURLをコピーしました