参考文献

都市に関する分析や可視化においては、これまでに様々な取り組みが行われてきました。それらの知見を振り返ることで、新たな発想を生み出すことが可能となります。
ここでは、都市構造の可視化や分析に参考になる既存文献を紹介します。

文献名:都市空間情報の3次元表示方法に関する研究

・著者:衣袋洋一
・出典:GIS-理論と応用Vol.6 No.2,pp.49-56,1998
・概要:ここの文献は色の表示方法や色と空間利用との相関関係などを検証し、都市空間情報の表示方法としての「3次元メッシュマップ法」の有効性を検証するとともに、パーソナル・コンピュータ上のOLE(Object Linking & Embedding)機能によるデータ入出力及び表示への一貫したシステム構築の手がかりをつかむことを目的としたものです。

文献名:先進諸国における都市モデルの適用状況-土地利用モデルを中心として-

・著者:宮本和明,Varameth VICHIENSAN,杉木直,北詰恵一
・出典:土木計画学研究・講演集,33,2006
・概要:この文献は土地利用モデルを中心とした都市モデルの開発現況と欧米諸国における適用事例に関して報告しています。

文献名:都市内部における従業者密度分布の変化とその要因-地域メッシュ統計による分析-

・著者:菊池慶之
・出典:地理学評論81-4,pp.131-149,2008
・概要:この文献は地域メッシュ統計を用いて、都市内部構造の多様化とその要因を明らかにしたものです。

タイトルとURLをコピーしました