都市可視化ツールの活用事例(長野県茅野市)

都市可視化の情報基盤を元に作成したVRの活用事例

長野県茅野市では、都市可視化の情報基盤を元に作成されたVR(ヴァーチャルリアリティー)技術を活用したまちづくりを進めています。
以下の動画では、JR茅野駅西口駅前広場をモデルにした駅前再開発におけるVR技術導入事例をご覧いただけます。
コンピューター内の仮想空間を自由に動き回ることができるVR技術を使用することで、設計図だけでは把握しづらかった空間の仕上がりを具体的にイメージすることが可能となり、関係者との協議や市民との合意形成に大いに役立っていることがうかがえます。

関連サイト・ページ

質問と回答コーナー FAQに見当たらない質問はこちらから!

タイトルとURLをコピーしました